中国輸入Amazon販売

【Amazon大口出品と小口出品の違い】適選・おすすめも紹介!

この記事では、Amazonの大口出品と小口出品の違いについて詳しくまとめている。

ヘンリー
ヘンリー
Amazonには大口出品と小口出品があるけど、どんなふうに違うの?
ホロン
ホロン
大口出品は4900円の月額料金がかかるんだけど、売るための機能や仕組みがかなり使えるようになるからAmazon物販で稼ぐなら大口出品がおすすめだよ。一方で家の不良品販売とかサクッとせどりや転売で稼ぎたい人には小口出品がおすすめかな。

Amazonのセラー側になる場合、大口出品と小口出品という2つの販売形式を選ぶことができるわけだが、初めて利用される方にとっては中々違いや大口出品の魅力が分からないことも多いだろう。

確かに、小口出品なら月額料金がかからずに使うことができるわけなのでこれで十分に感じてしまう方もいるだろう。

しかし、Amazonでしっかり商品販売していきたいなら大口出品を利用しない選択肢はない。

どうしてそんなにAmazonセラーたちが大口出品をおすすめするのか?

この疑問をこの記事で分かりやすく解決してみた。

もはや大口出品を利用せずしてAmazonの魅力的な恩恵を受け取ることはできないレベルなので、この記事をきっかけにまだ利用していない方は大口に切り替えて頂きたいと思う。

それでは見ていこう。

Amazon大口出品と小口出品の違い

Amazon大口出品と小口出品の違い

Amazonの大口出品と小口出品の違いはこんな感じになっている。

大口出品小口出品
Amazon大口出品と小口出品の違い1Amazon大口出品と小口出品の違い2
Amazonに既にある商品に加え、オリジナル商品も出品可能Amazonに既にある商品だけ出品可能
出品数やカテゴリーが無制限×
データ分析レポートが利用可能×
法人向け販売機能が利用可能×
スポンサープロダクトが利用可能×
大量の商品がまとめて出品登録可能商品を出品するには1商品ごとに登録が必要
月額料金:4900円月額料金:なし
商品が売れると販売手数料がかかる商品が売れると100円+販売手数料がかかる
マケプレプライムが利用可能×

個人的に重要に感じる部分にマーカーを引いてみた。

月額5000円でここまで大幅にグレードアップするのであれば間違いなく大口出品のほうが魅力的ではあるのだが、その魅力に感じる部分を一つ一つ解説していこう。

Amazonに既にある商品だけでなくオリジナル商品も出品できること

まずはAmazonに既にある商品だけでなく、オリジナル商品も出品できることだ。

OEMやODM販売が主流となっている今、相乗りで価格崩れなどのリスクを防ぐためにもオリジナル商品を出品したほうがいい。

また、Amazonに既にある商品で出品する場合は相乗り販売になってしまうので、その商品を扱っているセラーから嫌われてしまうだけでなく、中古の商品などで出品する場合は売れにくい。

とにかく売れにくい。

僕は有名なゲームタイトル「ドラクエのPS3のゲームソフト」を出品して翌日に売った経験があるが、こんな感じで人気タイトルの商品を扱わなければ相乗り出品しても中々売れない。

その点、大口出品ならオリジナル商品を扱うことができるので、自分だけの商品ページを持つことができる。

データ分析レポートが利用可能なこと

次にデータ分析レポートが利用可能なこと

どんなビジネスでもPDCAを回していくことは重要。

そんなことは誰しもが知っていることだ。

Amazonのデータ分析レポートは質が高く、細かい部分まで自分の商品販売状況が分かる。(初心者でも死ぬほど分かりやすい。)

そのデータをもとに次の戦略を組みやすいので、このデータ分析レポートが使えるのは大きい。

特に物販を大きく展開すればするほどありがたみを感じる部分だ。

スポンサープロダクト(Amazonの広告)が利用可能なこと

次にスポンサープロダクトが利用可能なこと

Amazonでは圧倒的な集客力と検索数をプラットフォーム自体が既に備えているため、適当に商品を出品したとしてもある程度は売れる。

しかし、スポンサープロダクトを利用することでAmazonの検索結果に上位表示させることができる。

これで売れないわけがない。

そんな状況をスポンサープロダクトを利用すれば作ることができるわけだ。

Googleの広告を利用したことがある方であれば、そのクリック単価の高さに苦い思いをしたこともあると思うが、Amazonのスポンサープロダクトの場合はキーワード単価が安い。(もちろん、キーワードにもよるが。)

しかも、アマゾンで検索してくるということは購買意欲が高いという前提条件を持っている見込み客。

そんな最強の広告を使えるわけだ。

月額料金

続いて月額料金

小口出品なら無料だが、大口出品なら4900円だ。

ここについてだが、正直なところ大口出品を利用すれば4900円程度の金額はすぐに回収できる。

イメージとしては、利益が1000円程度の商品を5個売るだけで完了だ。

だから、よく考えてみれば金銭的な負担は少ないのに、やはり初期投資が苦手な方にとってはかなりの負担に感じてしまう。

この点もよく言われていることだが、ある程度リスクを追わなければ見返りは期待できない。

月額5000円程度ならリスクとも呼べないくらいではあるが、スマホのパケット代のように思えば、払いやすいのではないかと思う。

マケプレプライムが利用可能なこと

次にマケプレプライムが利用可能なこと

マケプレプライムを利用すると、商品にプライムマークがつく。

Amazon大口出品と小口出品の違い3

このプライムマーク、あなたもよくみたことがあると思う。

このマークを見たらAmazon公認の商品であると安心してしまうのは僕だけではないはず。

あなたもプライムマークの付いている商品を優先的に購入するはずだ。

大口出品を利用するとこのマークを利用することができ、商品ページに付与されるので、売上アップやカートボックスの獲得率アップを期待できる。

ただのマークだとあなどることなかれ。

このマークの効果は僕たちが思っている以上に心理的な効果が絶大のようだ。

(ちなみに、Amazonセラーになる前の僕はプライムマークが付いている商品はAmazonが販売している商品だと思っていた。過去の僕のような人も一定数いるはずなので、そこを考慮してもラベルの効果は絶大。)

大口出品はどんな人におすすめなのか?

大口出品はどんな人におすすめなのか?

次に大口出品はどんな人におすすめなのかまとめてみた。

それがこちらだ。

大口出品はこんな人向き!
  1. オリジナル商品を販売したい人(中国輸入OEM・ODM販売含む)
  2. 企業向けにも商品を販売したい人
  3. マケプレプライムで売上を大幅にアップしたい人
  4. スポンサープロダクト(広告)を使って商品を検索結果上位に表示したい人
  5. 鬼のように稼ぎたい人

オリジナル商品を販売したい人(中国輸入OEM・ODM販売含む)

まずは、オリジナル商品を販売したい人。

自分の扱っているオリジナル商品、店舗においている商品、メーカーに生産してもらっている商品、色々あると思うが全てアマゾンで出品できる。(危険物とかはもちろんできないが。)

オリジナル商品をAmazonで販売することでブランド認知の向上を図ることができたり、商品名を浸透させたり、愛用者やリピーターを増やすこともできる。

また、人気の中国輸入OEM販売、ODM販売などで扱う商品もオリジナル商品として出品できるので自分だけの商品を持ちたい人におすすめだ。

企業向けにも商品販売したい人

企業向けにも商品を販売したい人にもおすすめだ。

例えばオフィスで使われるような商品、大量購入されるような商品。

大口出品を利用すれば、まとめ買いされたときの価格を割引することができ、これによって企業に向けてお得感を出せる。

まとめ買いされるような商品を扱う場合には、企業向けの価格設定が便利になるので、そんな商品を扱いたい方にも大口出品はおすすめだ。

マケプレプライムで売上を大幅にアップしたい人

それからマケプレプライムで売上を大幅にアップしたい人にもおすすめだ。

先ほども言った通り、マケプレプライムを使用することでプライムマークが付与される。

このマークが付いているだけで売上がアップし、カートボックス獲得率や商品ページの集客率も上がるので売上を加速させたい人はぜひ使うべきだ。

スポンサープロダクト(広告)を使って商品を検索結果上位に表示したい人

次にスポンサープロダクト(広告)を使いたい方にも大口出品がおすすめだ。

先ほども解説したが、アマゾンの広告は精度が高く、初心者でも使いやすく、安いという特徴がある。

また、広告といっても莫大な費用がかかるわけではなく1日数百円程度の広告でサクッと集客していけるのも魅力的だ。

初心者の方であればスポンサープロダクトを利用したいから大口出品を利用するということは無いかもしれないが、このAmazonの広告の力は使ってみればその魅力に取り憑かれてしまうはずなので、ぜひ使って頂きたいと思う。

鬼のように稼ぎたい人

結論として、大口出品がおすすめなのは『鬼のように稼ぎたい人』だ。

ガッツリ稼いでいくなら大口出品しかない。

スポンサープロダクトが使えて、マケプレプライムが利用できて、オリジナル商品が出品できて、色々な機能が解放されるわけだが、すべては収益アップに直結している。

つまり、稼ぐための仕組みが大口出品には備わっているわけだ。

だから小遣い程度ではなく、本業を超えるくらいの収入、もしくは自分の一番の収益源を作りたい方には大口出品をおすすめする。

小口出品はどんな人におすすめなのか?

小口出品はどんな人におすすめ

次に小口出品はどんな人におすすめなのかまとめてみた。

それがこんな感じである。

小口出品はこんな人向き!
  1. 転売やせどりで稼ぎたい人
  2. 最小単位で出品し、月に50個以上商品を売る予定がない人
  3. 相乗り出品で稼ぎたい人
  4. 家の不用品をメルカリ的な感じで売りたい人
  5. 小遣い稼ぎをしたい人

転売やせどりで稼ぎたい人

まずは転売やせどりで稼ぎたい人

僕は大口出品を利用する前まで小口出品の転売をしていたが、大量に商品を出品する作業に疲れたのでやめた。

が、ある程度稼げた。

もちろん、お小遣い程度ではあるが、無在庫でも行える転売だったのでノーリスクで稼げる技だ。

(しかし、配送遅れのクレームなどでセラーとしての評価が下がるとアカウント停止されるというリスクもあるので注意。)

また、店舗から仕入れてきて中古品として出品するせどりなども小口出品で全然行える。

最小単位で出品し、月に50個以上商品を売る予定がない人

小口出品では1商品を売り上げるごとに販売手数料に加えて、成約料が100円かかる。

毎月10個くらいの販売で済むのならいいが、100個とか200個とかになってくると大口出品の登録手数料よりも取られるわけだ。(100個売ったら1万円の成約料)

これでは小口を利用する意味がない。

しかし、50個未満しか売らないという場合は成約料が4900円以下に済むわけなので、大口出品の月額料金よりも安く済む。

つまり、ちょこちょこっと販売していきたいときに小口出品はおすすめだ。

相乗り出品で稼ぎたい人

それから相乗り出品で稼ぎたい人にもおすすめだ。

ここは先ほどの転売やせどりで稼ぎたい人とほぼ同じ内容ではあるが、小口出品では相乗り出品ができる。

海外製品などで相乗りし、価格をいくらかやすく設定して出品数をエグいぐらい増やしていけば点々と商品が売れる。

あとは安く仕入れて商品を発送するだけ。

このやり方にもリスクはあるが、稼げるには稼げる。

が、商品ページを作成したセラーに嫌われる。

(個人的には相乗りとかせどりや転売をするよりもオリジナル商品を売ることを推奨。楽だし稼ぎやすいので。)

家の不用品をメルカリ的な感じで売りたい人

また、家の不用品をフリマアプリ的な感じで売りさばきたい方にもAmazonはおすすめだ。

アマゾンの小口出品の場合は商品を探して出品するタイプなので、自分で入力するのは価格と配送日数と商品状態(新品とか中古とか)ぐらい。

なので、商品によってはメルカリやラクマよりも売れやすい場合がある。

実際に僕はテレビゲームのソフトを何本か売った経験がある。

なので、家の不用品をサクッと売りたい時などにはAmazonの小口出品で十分だ。

小遣い稼ぎをしたい人

ということで、ここまでの結論としてはこん感じになる。

小口出品をおすすめするのは小遣い程度をサクッと稼ぎたい人。

別にAmazon物販で大金を稼ぐつもりもないし、毎月4900円取られるリスクを犯してまでAmazonに出品することに興味がないという方には無料で利用できる小口出品で十分だと思う。

また、大口出品を利用したいけど先に慣れておきたいという方は最初に小口出品で家の不用品を出品してみるといい。

これだけでも、どのような感じで商品を出品していくのか?

という流れや全体像が分かる。

Amazon大口出品と小口出品の違いまとめ

Amazon大口出品と小口出品の違いまとめ

ということで、今回はAmazon大口出品と小口出品の違いについて詳しくまとめてみた。

人それぞれの状況や求めている内容が違うので、なんとも言えない部分があるが、稼ぎたいセラーには大口出品をおすすめする。

大口出品を利用することで解放される機能のラインナップは魅力的すぎだ。

月額4900円でここまで一流のプラットフォームの恩恵を授かることができるのであれば、正直非の打ち所がないくらいだ。

ただ、使いこなすまでにはある程度時間と勉強と経験が必要にはなるが、使い方さえ分かってしまえばトップセラーとして商品ジャンルを制すこともできる。

何より、自分の扱っている商品が多くの人に知られ、そして実際に使用してもらえることの嬉しさを味わえる。

ここまで大口出品を激推しする内容をまとめたので胡散臭く感じた方もいるかもしれないが、僕はそれだけAmazonというプラットフォームに感謝しているからこそだ。

あなたも、この機会に大口出品の利用を始めて頂きたい。

0
月収100万円をラクに達成するためのテンプレート「New Game+」
月収100万円をラクに達成するためのテンプレート「New Game+」

こんにちはホロンです。

突然ですが、 動画や電子書籍を無限に複製して 収入をガンガン増やすことが可能な 「情報販売」という職業をご存じですか?

パソコン1台で家から出ずに 年間6億円の利益を得ている講師による 情報を販売して自動的に 収入を得るための方法を 「基礎から応用」まで公開しています。

今だけ「特別プレゼント」もお渡ししていますが、 24時間限定となりますので、 チャンスを逃さないよう ご注意ください。 ↓↓↓

月収100万円をラクに達成するためのテンプレート「New Game+」

■卑怯すぎる裏技を公開 今回あなたにお伝えする 「情報販売」の手法は すでに月収100万円プレーヤーを 多数生み出していて、 中には3ヶ月で2300万円を 達成してしまった人もいる、 効果実証済みの手法です。

人間の購買意欲を強く刺激することも可能な 「危険な技術」を含むので 絶対に悪用しないでください。

・2019年だけで年間6億円の利益を得ている講師が使っている 「禁断の文章テンプレート」

・「卑怯すぎるカンニング」をして 勝てる勝負だけに挑む方法 (※もちろん合法です)

・不労所得を生み出す「自動販売機」を ネット上に設置する方法 上記のような強烈な内容を含むので、 人数と期間を限定しての公開となります。

詳細はこちらからご確認ください。 ↓↓↓

月収100万円をラクに達成するためのテンプレート「New Game+」

\今すぐCheck!/
公式ページ

本気で100万を望んでいる人しか見ないでください。ガチです。

0