アフィリエイトで稼ぐ

【キーワードの探し方・選定のやり方・コツ】アフィリエイト&ブログ

この記事では、ブログ・アフィリエイト向けのキーワードの探し方・キーワード選定のやり方・コツについて詳しくまとめている。

ヘンリー
ヘンリー
キーワード選定が大事なのは分かったんだけど、具体的なやり方を教えて欲しいな。ツールとかの使い方がよく分からないし。
ホロン
ホロン
OK。じゃあ画像付きで細かい設定とかも含めて分かりやすく解説していくね。キーワード選定は超重要な作業だから、早めにマスターしておいて損はないよ。

アフィリエイトやブログで稼ぐためには、SEO対策が必須。

そのSEO対策の中でも、最初の段階で重要となるのがキーワード選定

ここを間違えてしまうと、どれだけ品質の高い記事を書いたとしても検索すらしてもらえない。

だから正しいやり方を最初から知っておくべきだ。

上級者になってくると、サイトを作る前にあらかじめキーワードを選定しておき、サイトの構成をカテゴリーからタグまで整え、そこからキーワードを網羅しなが記事を書いていく。

キーワード選定はトップアフィリエイターや一流のブロガーであっても欠かさずに行う基礎的な部分というわけだ。

しかし、アフィリエイトやブログを始めて間もない初心者の方であれば、キーワード選定などと言われても全くピンと来ないだろう。

そこでこの記事では、キーワードの探し方・キーワード選定のやり方・コツなどを詳しくまとめてみた。(やり方をメインにまとめているので、キーワード選定の概念的な部分は他の記事を参照していただきたい。)

それでは早速やり方を見ていこう。

キーワードの探し方・選定のコツ

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ

使うツールによってはキーワード選定の手順もやり方も異なるわけだが、今回は『related-keywords』と『キーワードプランナー』を使った王道のやり方をご紹介しようと思う。

キーワードの探し方・選定のやり方の大まかな流れはこんな感じだ。

キーワード選定のやり方
  1. 狙う単語を一つ決める
  2. related-keywordsでキーワードの2語目や3語目を取得する
  3. 取得したキーワードをキーワードプランナーにかける
  4. 競合の弱いキーワードを見つける
  5. 見つけたキーワードの内容に沿って記事を書く

このように5ステップでキーワード選定を行う。

言葉だけじゃ細かいやり方が分からないと思うのでここからは、実際に画像付きで解説していこう。

1、狙う単語を一つ決める

まずは、狙う単語を一つ決める。

アフィリエイトであれば商標(商品名のこと)とかが無難だし、ブログであれば自分の書きたいジャンルのビッグキーワードを選べばいい。

例えば、マッチングアプリの記事を上位表示させたい場合は、マッチングアプリというキーワードを狙う単語とする。

また、アフィリエイトで人気の脱毛クリーム『Zリムーバー』ならZリムーバーにし、脱毛サロンで有名な『ミュゼ』ならミュゼに設定する。

また、自分が行ったデートスポットの記事を書きたいなら、デートスポット名にし、自分が使った話題の商品・自分が食べた話題のグルメ記事を書きたいならそれぞれのキーワードを選ぶ。

ここまでは単純だ。

そして、その一つ決めたキーワードを使って次の作業を行う。

2、related-keywordsでキーワードの2語目や3語目を取得する

今回は、脱毛というキーワードで狙い目のワードを選定してみよう。

まずは『related keyword』(関連キーワード取得ツール)を開く。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ1

するとこのように表示される。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ2

先ほど決めた単語を左上の検索窓に入力。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ3

検索をかけるとこのように関連キーワードが一気に表示される。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ4

このうち、必要なのは真ん中上部の『全キーワードリスト』だ。

ここを右クリックで全選択してコピーしておく。

次にキーワードプランナー(Googleのツール)を開いておこう。

ちなみに、キーワードプランナーにまだ登録していない方はこの機会に登録しておくことをおすすめする。

3、取得したキーワードをキーワードプランナーにかける

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ5

Googleのキーワードプランナーを開くと『新しいキーワードを見つける』と『検索のボリュームと予測のデータを確認する』という2つのタイプがある。

今回は後者の『検索のボリュームと予測のデータを確認する』を使う。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ6

クリックして開き、先ほどrelated keywordで取得したキーワードをコピペする。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ7

次に右下の開始するをクリック!

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ8

するとこのように表示される。

続いて『過去の指標』をクリック。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ9

より詳しく調査するために、少しキーワード選定の表示項目を変更しておこう。

右上の表示項目をクリック。

4、競合の弱いキーワードを見つける

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ12

次に『表示項目の変更』をクリック。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ14

すると表示項目が選べるので、画像のように設定して頂きたい。

ページ上部に掲載された広告の入札単価などをみれば、そのキーワードに対する広告の有無が分かるだけでなく。どれくらい価値のあるキーワードなのか?

という一つの目安にもなるので、一応チェックを入れておこう。

  • 『月間検索ボリューム』
  • 『競合性』
  • 『競合性(インデックス値)』

これらは必須の項目なので忘れないようにチェックを入れておこう。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ15

するとこのように表示項目が整理される。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ10

ここからは自分の目で一つ一つキーワード選定していくわけだが、おすすめのやり方があるので解説しておこう。

まず、月間平均検索ボリュームをクリック。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ11

すると検索ボリュームの大きい順番に並ぶ。

これを見れば、ビッグキーワードとミドルキーワードが分かる。

これらのキーワードで上位表示できれば、アホみたいに稼げるわけだ。

まぁここら辺をいきなり狙うのは無謀すぎる(上位表示するのが難しい)ので違うキーワードを探していく。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ13

下にスクロールしていくと、『脱毛 飲酒』というキーワードがあった。

これは月間検索ボリュームが1000〜1万、競合性が低い上、インデックス値も少ない。

つまり、狙い目だ。

稼げるキーワードではないが、狙い目のキーワードの条件が揃っている。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ16

さらに下にスクロールしていくと、狙い目のキーワードがザクザク見つかる。

これらのキーワードを使ったコンテンツを作れば上位表示しやすいわけだ。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ17

また、競合性の低いキーワードを知りたい場合は項目『競合性』をクリックする。

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ18

これで競合性の低いものが順に並んでくれる。

(競合性が高いものが順に並んだらもう一度クリックすれば低いものになる。)

キーワードの探し方・選定のやり方・コツ19

下にスクロールして探していくと、まぁまぁ狙い目のニッチキーワードが見つかる。

ここら辺のキーワードで記事を書くと、ニッチではあるがかなり上位表示しやすい。

5、見つけたキーワードの内容に沿って記事を書く

このようにして、キーワード選定を行い見つけてきたキーワードを使って記事を書いていく。

記事を書く際には、キーワードに関連するコンテンツを書くことはもちろん、検索意図を考慮して書くことが重要だ。

これは他のアフィリエイターやブロガーたちも言っていることだが、検索意図、つまり検索してきた人がどんな情報を求めているのか?を考えて記事をかかなければ狙い目のキーワードを使ったとしても上位表示は難しい。

また、仮にも一時的に上位表示できたとして検索意図に適していない内容の記事であればセッション継続時間や離脱率に現れてしまうので、長期的に上位表示させることは難しくなる。

このことからもキーワード選定をしっかり行った後は、検索意図をしっかり考えて書き進めていく必要がある。

アフィリエイトやブログではキーワード選定が超重要

アフィリエイトやブログではキーワード選定が超重要

ということで、ここまでキーワード選定の基本的なやり方を解説してきたが、これは超重要な作業なので、決して省いてはならない。

キーワード選定なしで記事を書くということは、検索ニーズのない記事を自ら量産しにかかっているようなものだ。

もちろん、慣れてくればある程度どんなキーワードで検索されるか分かってくるし、アフィリエイトで狙うキーワードは定番の購買系キーワードなどもある。

また、ブログの読者向けに書く記事などはキーワード選定など必要ない。

しかし、大抵の場合は検索エンジンの上位を取るために記事を書くはずだ。

その際には、キーワード選定を行ってから記事のタイトル、見出し、内容をあらかじめ決めておき、書き始めるというスタイルを確立して頂きたい。

でないと、数ヶ月後に後悔するのは自分だ。

キーワード選定の狙い目を見つけるコツ

キーワード選定の狙い目を見つけるコツ

ここからはキーワード選定で狙い目を見つけるコツを解説していこう。

キーワード選定するにあたって抑える部分は2点。

  • 競合性
  • 検索ボリューム

この2つだ。

競合性というのは、他にそのキーワードを狙って書かれたコンテンツがどれくらいあるか?という指標だ。

そして、検索ボリュームは月間でどれくらいの人がそのキーワードについて検索しているか?という指標になる。

僕たちが狙うべきキーワード・美味しいと感じるキーワードは競合性が弱く、検索ボリュームが多いキーワードだ。

つまり、需要があるのに供給が足りていないようなキーワードに当たる。

先ほどのキーワード選定のやり方で見つけるべきキーワードは上記のような条件を満たすキーワードだ。

競合性が弱いということは上位表示しやすいということになり、検索ボリュームが多いということは集客しやすいということになる。

つまり、これらのキーワードを狙うことによってブログへの集客とアフィリエイトの成果報酬に繋がりやすいというわけだ。

競合の弱いキーワードだけを狙えばいいわけじゃない

競合の弱いキーワードだけを狙えばいいわけじゃない

しかし、1つ注意点がある。

競合の弱いキーワードだけを狙えばいいわけじゃないことだ。

例えば、先ほど脱毛というキーワードで狙い目のキーワードを調査してみたが、『脱毛 英語』というキーワードの競合性が少なく、狙い目に感じた人もいるのではないだろうか?

ここで『脱毛 英語』というキーワードで検索してくる人はどんな情報を求めているのか考えて欲しい。

大抵の人は、脱毛という英単語のつづりが知りたいだけだ。

つまり、検索ユーザーの求めている答えは『Hair loss』『hair removal』『epilation』などであり、これ以上を求めていない。

つまり、『脱毛 英語』というキーワードで記事を書いて実際に上位表示できたとしても、脱毛サロン案件などへのアフィリエイトに持ち込んで行くのはまず無理になる。

競合が弱いキーワードだからと言ってなんでもかんでも狙っていては、アクセスは集めれても全然稼げないサイトになってしまう。

逆に、濃厚な購入意欲の高い検索ユーザー・商品やサービスを欲している検索ユーザーを集客することができればアクセスは少なくても稼ぎやすくなる。

脱毛などというトップアフィリエイターが狙うキーワードにおいて、競合性の弱いキーワードが存在するからには、そのキーワードを狙っていない理由があるということも理解しておくべきだ。

このように、競合性の弱いキーワードだけを狙えばいいわけじゃないので、そこは注意しながらキーワード選定を進めていくのも重要になる。

キーワードの探し方・選定のコツまとめ

キーワードの探し方・選定のコツまとめ

ということで今回はキーワードの探し方・キーワード選定のコツについて詳しくまとめてみた。

キーワード選定は難しいものという理解をしておいた方がいい。

そんな簡単に人から学べるものでもないし、本当の狙い目のキーワードを見つけるには経験が物をいう部分もあるからだ。

しかし、今回紹介させて頂いたやり方でキーワード選定を毎度行っていただければ完璧に間違ってしまうことはない。

濃い見込み客や検索ユーザーは集客できないとしても、集客としてサイトにアクセス数を還元できる。

また、キーワード選定で実際に見つけたキーワードを使って記事を書く際に、検索ユーザーが求めている内容を意識すれば『本当に狙うべきキーワード』が分かるようになってくるはずだ。

ここは経験値を貯めていくしかないので、最初はそこまで深く考えずにキーワード選定を行うようにして頂きたい。

一番まずいのは狙うキーワードが分からなくなって、記事が書けなくなることだ。

それでは元も子もないことになるので、初心者の頃はキーワード選定を難しく捉えすぎず経験でカバーしていくべきだ。

ABOUT ME
ホロン Z世代の経営者
アパレルブランド経営・海外規模の事業展開中。 友達とつるむことに飽きて一人でお金稼ぎを始めたら、気付いた時にはとんでもない境地まで辿り着いてしまった21歳。 一応神戸にある大学の首席。(現在4回生) 啓発書とビジネス書LOVER
毎日600円の自動収益を発生させる仕組みを作る方法!
毎日600円の自動収益を発生させる仕組みを作る方法!

お金が欲しいあなたにお金稼ぎのノウハウを紹介!

→モッピー×YouTubeで毎日600円の安定収益を発生させる仕組みを10日で作る方法【再現性100%

確実に毎日600円発生させる仕組みを作る方法を1から全て解説いたします。

この通りに真似するだけである程度の収益が発生することを断言。

詳しくはこちらのページをどうぞ!

\今すぐCheck!/

商品ページ

2980円